どのように勉強をするか

声優

将来的に、声優を目指している場合は高校の段階から本格的な勉強をしてみてもよいでしょう。もし、本当に自分が才能を発揮できる場合ならば高校生の段階で頭角を現す可能性があるからです。入学する前に気にしておきたいことの一つは、その高校のカリキュラムがどのようになっているかでしょう。その仕組みを見ていくと、基本的に専門的な学習をしていくのは間違いありません。声優になるための基礎知識、つまり座学の勉強をしますが、それに加えて声優として能力を高めていくための実習も行ってきます。通常は、専門の勉強が中心になりますが、高等学校である以上は国語や英語などの主要科目の勉強もしなければいけません。普通科との違いは国語や英語などの勉強もする一方で、それらの時間を少し減らしながら専門分野の勉強をしていく仕組みです。普通の高校生と重なる部分は半分以上ありますが、残りの何割かは専門分野に充てられるため、やはり普通科などに比べると専門的な学習に関して学ぶ時間が多くなるでしょう。具体的には、1日6時間授業があった場合のうちの2時間から3時間は専門の時間にあてられます。すべて専門の時間にしてしまうと高校として名乗ることができず専門学校にせざるをえません。主要5科目の勉強自体があまり意味がないと感じるかもしれませんが、途中で進路変更して大学受験をする場合などは主要5科目の勉強もある程度しておいた方がよいとも言えます。

費用はどれぐらいか

声優

声優になるための専門的な知識を学べる高校は、一体どれぐらいの費用になるでしょうか。通常は、県立や都立などでこのような学科を学ぶことはまずできません。もちろん専門分野が全く用意されていない訳ではありませんが、声優は専門分野としてはまだ新しいジャンルの一つになります。そのため、少なくとも公立高校ではなく私立高校に進学するのが基本です。私立高校の場合入学金や授業料が高いと感じる人がいるかもしれません。最近は補助金も出ていますが、それらを考えずに計算すると入学金がおよそ60万円から80万円ぐらいに設定されるところが多いです。それに対して、1年間の授業料ですがおよそ50万円から80万円ぐらいのあいだになっています。金額が高いところは、それだけ優秀な講師がいるだけでなく、随分と設備投資をしている可能性が高いです。専門分野を学ぶにもお金がかかりますので、普通科よりは学費が高くなる傾向があると考えてよいです。

広告募集中